【神戸】海外も注目、「7.22湘南戦」イニエスタのデビューなるか!?

ドイツでもイニエスタのデビューに注目!(写真は『キッカー』電子版の記事のスクリーンショット)

ポドルスキとの共演はいつ? ドイツ専門誌がウェリントンについても紹介。

[J1 17節] 神戸 – 湘南/2018年7月22日18:00/ノエビアスタジアム神戸

 FCバルセロナからヴィッセル神戸に完全移籍で加入したMFアンドレス・イニエスタが7月22日の湘南ベルマーレ戦で、Jリーグデビューなるかー―。7月18日に合流し、20日に選手登録が完了。まだ連係面はもちろん、コンディションも本調子に向かうのはこれからだが、イニエスタ自身は22日のホームでの湘南戦での出場を望んでいる。

 日本でのデビューに、海外メディアも注目している。ドイツ専門誌『キッカー』は、神戸には元ドイツ代表ルーカス・ポドルスキが在籍していることもあり、この話題を取り上げている。「日本に到着、日曜日にデビューか」というタイトルで、イニエスタの日本到着からの様子をレポート。「ファンも僕がプレーすることを楽しみにしてくれていると思う」というコメントも紹介。

 また、キャンプで右足を骨折したポドルスキについて「合流まであと数週間」とし、ホッフェンハイムやデュッセルドルフに所属したブラジル人FWウェリントンがいることも紹介している。

 21日の前日練習は、一般・メディアともに非公開に。試合のチケットは好評発売中だ。

文:サカノワ編集グループ

Posted by 塚越始

Ads

Ads