【松本】古巣大宮に大逆転の岩上祐三が開口一番「サポーターの力が非常に大きかった」

松本山雅のサポーター。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

マテウスを止め、攻め上がってCKを獲得。自らのキックで同点PKにつなげる。

[J2 25節] 大宮 1-2 松本/2018年7月25日/NACK5スタジアム

「率直に嬉しいです。何よりも、サポーターの力が非常に大きかったです」

 松本山雅FCのMF岩上祐三が、昨季まで所属した大宮アルディージャとの一戦、3-4-2-1の右ウイングバックでフル出場を果たした。数的不利で1点先制される苦しい展開のなか、後半2ゴールを奪う大逆転勝利に大きく貢献した。

 絶好調の大宮のマテウスに対峙しながら、攻め上がってチャンスメイクする難しい役割をこなした。そのなかで54分、自陣ゴール前でマテウスにしっかり対応したあと、前線まで駆け上がってクロスを放ちCKを獲得。これを岩上自身が蹴り、石原崇兆が倒されてのPK獲得に至った(永井龍が決める)。

「イシ(石原)がよく粘ってくれました。0-1のまま推移すれば、相手が焦ってくると思いましたから」

 岩上は先制されても決して焦らなかったと言う。その後、カウンターから永井が2点目を決め、10人対11人の状況下で、逆転勝利をものにした。

「いや、でも……。本当に、特に今日はサポーターの力が大きかったです。たくさん来てくれて勝点3をプレゼントできて、とても嬉しいです」

 彼は改めてゴール裏の一角を緑一色に染めた松本のサポーターに感謝していた。そして「(J1昇格争いのライバルとなる)大宮を叩けたのは大きい。勝点3以上、勝点6に値するぐらいのゲーム」とこの1勝の重みを強調。一方で、「大宮のサポーターの前で、元気な姿を見せることができたのは良かったです。あいさつにも行けました」と古巣への感謝も忘れなかった。

 今季3シーズンぶりに松本に復帰した背番号47は、これでリーグ12試合連続で先発を続ける(21試合4得点)。ただ「僕としては最高の勝利です。大きいです。だからこそ次がもっと大事になる」と、週末29日にホームで迎えるヴァンフォーレ甲府戦に照準を切り替えていた。

 岩上がこの夏、誰よりもタフに走り抜ける。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads