イニエスタのキラーターンの餌食に…磐田DF大井健太郎は「常に危険な場所にいた」

(C)SAKANOWA

技術に加え、ポジショニングの上手さに脱帽する。

[J1 21節] 神戸 2-1 磐田/2018年8月11日/ノエスタ

 ジュビロ磐田のDF大井健太郎は、キラーターンからJリーグ初ゴールを喫したヴィッセル神戸のMFイニエスタについて、「常に危険な場所にいた。ボールを扱う技術に加え、そういった気の利いたところも上手いと感じた」と脱帽した。

 ルーカス・ポドルスキの鋭い縦パスに、足に吸い付くような右足のトラップから外に向かってターン。大井はシュートもあり得ると考えてコースを防ごうとスライディングに行った。しかし、さらに縦に持ち込まれ、カミンスキーをも抜き去られて先制点を与えた。

 試合後、大井はイニエスタのプレーについて次のように語った。

「常に危ないところにいた印象を受けました。ボールを扱う技術はもちろん、ボールを受ける位置もとても気が利いていて、自分たちの捕まえづらい位置取りをするのが上手いと感じました。それに、なかなか相手(磐田の選手)に当たられないポジションを取っていた。抑えられず悔しいです」

 歴戦のセンターバック大井がここまで”鮮やかに”抜き去られたのも過去にない。「もっとはっきりイニエスタ選手を捕まえるようにして、ボールが入る前に止めたかった。ボールを当てられてしまい難しくなりました」と、勝つためには『イニエスタ対策』を徹底しても良かったかもしれないと振り返っていた。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads