満員の激闘、マテウス&茨田弾で大宮快勝。新潟は5連敗

ソン・ジュフンと競り合うマテウス(右)。豪快に直接FKを決めた。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

塩田仁史の第2子誕生を祝う揺りかごダンスも! 

[J2 29節] 大宮 2-1 新潟/2018年8月18日/NACK5スタジアム大宮

 満員で埋まった一戦は、7位の大宮アルディージャがマテウスの弾丸直接FKと茨田陽生の2ゴールで、19位のアルビレックス新潟を下した。新潟も渡邉新太の試合終了間際のゴールで一矢を報いたが、あと一歩及ばなかった。

 ホームチームは立ち上がりから新潟にペースを握られたものの、畑尾大翔、河本裕之を中心に2トップに仕事をさせず、シュートまで持ち込ませない。すると新潟ゴール前で富山貴光がソン・ジュフンのファウルを受けてFKを獲得。約22メートルの距離からマテウスが弾丸ショットを突き刺し、ホームチームのサポーターに歓喜をもたらす。GK塩田仁史の第2子誕生を祝福する揺りかごダンスも飛び出した。

 その後は守備に軸足を置きながらカウンターを狙う。後半もアウェーチームの猛プッシュに耐えて、72分、投入直後の嶋田慎太郎のクロスに茨田陽生が合わせてリードを広げる。

 一方、新潟は河田篤秀と渡邉の2トップのキープ力が低く、そこへのクサビのパスをことごとく狙われて逆襲を食らい続けた。その中でアディショナルタイム、新加入の梶山陽平のパスを渡邉が鋭く突き刺し1点差にしたが、反撃もそこまで……。

 梶山のところでタメを作れるようになってきただけに、そのあたりを上手く活かせるチーム作りを考えたいところだ。

塩田の第2子誕生を祝って揺りかごダンス!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads