イニエスタが関東初上陸。Jリーグデビューを飾った湘南とのリベンジマッチへ

FCバルセロナのイニエスタ 写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

このあと17時にメンバー発表。9月23日の浦和レッズ戦もチケットが早くも完売に。

[J1 23節] 湘南 – 神戸/2018年8月19日/Shonan BMWスタジアム平塚

 FIFAワールドカップ・ロシア大会スペイン代表のヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタが、関東地方に初めて登場する。元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキとともに19日に行われる湘南ベルマーレ戦の遠征メンバーに帯同しており、果たして15日のサンフレッチェ広島戦(△1-1)から中3日で先発するのかどうかが注目される。

 この一戦の注目度は高く、チケットは早々に完売に。関東地方での神戸のリーグ戦は、このあと9月23日に埼玉スタジアム2002での浦和レッズ戦が組まれているが、こちらもチケットが完売している。

 湘南は7月22日の17節のホームゲームで、イニエスタがデビューを飾った相手。そのときは0-3で敗れているだけに、スペイン人の新司令塔にとっても”リベンジ”の機会となる。

 イニエスタは4試合2ゴール、出場時間は293分。3試合連続ゴールの期待が掛かる。

 イニエスタの3試合連続スタメン起用はあるのか。このあと17時にメンバーが発表される。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads