首位・松本山雅に異常あり!? 10人の横浜FCに3失点逆転負け

(C)SAKANOWA

上位対決に連敗し、町田ゼルビアの結果によっては首位陥落の危機。

[J2 30節] 松本 1-3 横浜FC/2018年8月25日/松本(アルウィン)

 松本山雅FCは43分、ペ・スンジンのファウルで得たPKをセルジーニョが決めて先制に成功する。ペ・スンジンはこの日2枚目のイエローカードで退場処分になる。

 このまま後半はサポーターの声援を受けてホームチームが試合を掌握するかと思われたが、待っていたのはまさかの展開だった。

 61分、田所諒を岩上祐三が倒し、このPKをイバに決められて同点に。さらに68分、レアンドロ・ドミンゲスのFKを田代真一がすらすと、ボールはそのままネットを揺らし、アウェーチームが逆転する。

 ここから反撃したかった松本だが、むしろ焦りばかりが目立ってしまう。すると、さらに75分にカウンターから北爪健吾にも決められて、まさかの1-3に。

 そこから猛反撃をした松本だが、横浜FCの堅守を崩すことはできず、そのまま敗れた。松本は前節の町田戦に続き連敗。

 勝点3差で追う消化試合が2試合少ない町田が、26日の岐阜戦で勝利すると、得失点差で首位に立つ。U-21日本代表としてアジア大会に参戦中の前田大然の派遣を容認したのは失敗だったか……。結果的にそんな展開になってしまった。

 一方、横浜FCは消化試合が1試合少ないながら暫定3位に浮上、松本に勝点4差まで迫った。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads