「ひとつ山を越えた」と高倉監督。なでしこJが北朝鮮に勝ちアジア大会4強!

北朝鮮戦、長谷川唯が決めた!写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

ヤングなでしこに続いた!岩渕真奈と長谷川唯がゴールを決める。

[アジア大会 女子サッカー準々決勝] 日本 2-1 北朝鮮/2018年8月25日/インドネシア

 なでしこジャパン(日本女子代表)が北朝鮮に競り勝ち、アジア大会ベスト4進出を果たした。ヤングなでしこ(U-20日本女子代表)が世界一を達成したのに続き、”姉”のなでしこも意地を見せた。

 昨年12月の東アジア選手権で0-2の完敗を喫した相手。それ以来の対戦で、40分に岩渕真奈、62分に長谷川唯とアタッカー陣が得点を決めて、逃げ切った。

 なでしこジャパンの高倉麻子監督は「難しい試合になるとは全員が認識していた。内容はもう少しできたかと思うが、足を止めずしっかり最後まで戦い切った選手たちに、ひとつ山を越えて良かったと伝えたい」と、選手たちをたたえた。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads