日本代表初招集、最年少19歳の冨安が決意「先輩たちを超えていかないと」

シント=トロイデンで開幕戦から出場を続ける冨安。©STVV

開幕からレギュラーの座を掴む。U-21代表のアジア大会での活躍ぶりも刺激に。

 キリンチャレンジカップの9月シリーズに臨む日本代表に初選出されたメンバー最年少19歳の冨安健洋が、シント=トロイデンを通じてコメントを発表した。

 「率直に言ってとても嬉しく感じましたし、気が引き締まる思いです。先輩たちを超えていかないと試合には出られないと思っていますし、練習から積極的にアピールしていきたいと思っています」

 日本代表は今回のキリンチャレンジカップ、9月7日に札幌でチリ、11日に大阪でコスタリカ代表と対戦する(FIFAランキングは日本55位、チリ12位、コスタリカ32位)。ただ、冨安はあくまでも練習から”挑んでいく”つもりだ。

「2試合ありますが、絶対に試合に出られる保証はないですし、練習でアピールできなければ次もありません。U−21日本代表もアジア大会で決勝まで行っていますし、同じ世代の選手にも負けないよう、自分の価値を証明できるように高いモチベーション持って活動できればと思っています」

 そのように決勝進出を果たしたU-21日本代表からも刺激を受けているという。

 アビスパ福岡では下部組織から育てられ、高校2年時から2種登録されトップチームでプレー。2016年にJ1で10試合、そして17年にJ2でレギュラーとして35試合に出場し(1得点)、18年1月にシント=トロイデンへの移籍を決断した。

 ただ2017-18シーズンはリーグ戦は出られなかった。迎えた今季、「この黄色のユニフォームを着て、1日も早くリーグ戦でプレーしたい」と今季に懸ける想いを示し、開幕から最終ラインのレギュラーポジションを掴んでみせた。

 東京五輪、そしてカタール・ワールドカップを目指して、冨安が第一歩を踏み出す。

遠藤航はどのポジションで起用か?

 また、今夏、浦和レッズからシント=トロイデンに移籍した遠藤航も、森保ジャパンに招集された。遠藤は次のように抱負を語っている。

「日本代表に選出いただき、とても嬉しく思っています。日本を離れ海外でプレーし始めたばかりですが、チームにも徐々に慣れてきたと感じています。ベルギーでの経験を活かして、日本代表に貢献したいと思います。その前に、今週末はホームでのオーステンデ戦となります。まずはシント=トロイデンVVでの今シーズン初勝利を目指して全力を尽くしますので、応援よろしくお願いします」

 シント=トロイデンではボランチで勝負をしたいという。リオ五輪代表でもボランチを担った。一方、森保一監督の基本布陣となる3-4-2-1では、湘南と浦和時代に右ストッパーを主戦場としてきた(リベロ、ボランチも)。ボール奪取からの切り替え――起点になれるところが最大の特長。森保監督も複数ポジションでの起用を考えているようだが、果たして、初陣でどこで使われるのか注目したい。

シント=トロイデンでデビュー戦初ゴールを決めた遠藤航。©STVV

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads