電撃移籍の鎌田大地がシント=トロイデン合流「自分の力を還元したい」

シント=トロイデンに合流した鎌田大地(右)。©STVV

1年間の期限付き移籍。立石CEOは「若く優秀な才能にチャンスの場を与えるのが我々の使命」。

 欧州移籍市場が閉まるギリギリのタイミングで、鎌田大地選手が1年の期限付きで、ブンデスリーガ1部のアイントラハト・フランクフルトからベルギーリーグ1部のシント=トロイデン(STVV)に加入した。

 シント=トロイデンの日本人選手は冨安健洋、遠藤航、関根貴大、小池裕太に続いて5人目。欧州クラブでの日本人選手の在籍数は最多。
 
 
 鎌田は「フランクフルトから加入しました鎌田大地です。1年間のレンタル移籍で加入することになりました。チームに自分の力を還元できるように精一杯頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」とコメントしている。
 
 1996年8月5日生まれ(愛媛県出身)のMFで、180センチ・72キロ。 ガンバ大阪ジュニアユース―東山高―サガン鳥栖―フランクフルト―シント=トロイデン。J1通算 65試合13得点。昨季はFIFAワールドカップ・ロシア大会まで日本代表の主将を務めた長谷部誠の同僚として、ブンデスリーガ1部3試合0得点。元U−23日本代表。ダイナミックかつ繊細なプレーが武器のアタッカーだ。
 
  また、シント=トロイデンの立石敬之CEOは今回の獲得について、次のようにコメントしている。
 

「日本でも活躍し、ブンデスリーガの強豪にチャレンジした才能ある選手です。STVVではベズスとのポジション争いになりますが、十分に渡り合えると期待しています。これでSTVVに加入する日本人選手は5人目ですが、STVVを日本人選手ばかりのチームにするつもりはありません。国籍に限らず、若く優秀な才能にチャンスの場を与えるのが我々の使命だと考えています。今いるメンバーで結果を残して、さらにレベルの高いステージでの挑戦を目指します」

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads