【U-19日本代表】「ボランチ橋岡大樹」は1回限り?

先日のメキシコ遠征の練習前に撮影したU-19日本代表の集合写真。橋岡は少し隠れているが…。(C)SAKANOWA

浦和のルーキーが山田康太と交代出場し、ベトナムとの練習試合で無失点に導く。

 現在のU-19日本代表は、プロ1、2年目が中心ながら、すでにJリーグで多くの出場機会を得ている選手が多いことが特長に挙げられる。2020年の東京五輪の中心にもなり得るタレント揃いで、何より元気な選手が多いのが魅力的だ。

 そのなかで開幕から浦和レッズのウイングバックの主力を務める橋岡大樹が今回のU-19ベトナム代表戦、試合終盤にプレー。与えられたポジションは、なんとボランチだった。

 4-4-2の最終ラインの前でアンカー的に、ゴール前へ入り込んできた相手を潰していく。10月開催のU-19アジア選手権に日本とともに参戦する実力国だけに、激しさもあったが、19歳の橋岡は冷静に対応。何度もボールを奪い切り、2-0の無失点勝利に貢献した。

 しかし、この起用はあくまでも「1回限定」だったと日本の影山雅永監督は強調していた。

「(橋岡の今後の中盤起用は?)ないです。それは彼にも言いました、今日だけだと。週末のリーグ戦に出場した選手はできるだけ起用せずメキシコに行きたいと思いました((橋岡は1日のC大阪戦で90分フル出場)。ただ山田康太(横浜F・マリノス)が足を痛めてしまったので、守備のところを締めるため、『今日だけだから、色気を出す必要はないぞ』と言って送り出しました」

 一方、橋岡本人は少なからず、手応えを得ていた。

「新鮮でした。(ポジションを言われたときには)『あ、ボランチか!』と、自分自身にとって挑戦です。そこで成長できればと思いました」

 試合中に最終ラインの橋岡をボランチに移す、という起用は確かにあまり想定されないケースかもしれない。ただ、橋岡は貪欲に、前向きに挑戦し、”何か”をつかみ取っていた。

 4日からのメキシコ遠征では、U-19メキシコ代表、U-19ブラジル代表、U-20クラブ・アメリカと、ある意味、U-19アジア選手権の先、来年のポーランド・U-20ワールドカップを見据えた相手と対戦する。

「誰が聞いても強豪の相手。とはいえ負けるつもりで行くわけではありません。バチバチやって、この世代からどんどん強いんだと見せつけるチャンスだと思います」

 橋岡はそのように意欲を示していた。その前に組まれた、今回のベトナム戦。もしかすると、U-19アジア選手権の準決勝か決勝で対戦する可能性がある。いい経験が積めたのではと問うと、ちょっと首を捻った。

「経験というより、アジア予選に向けて、チームが成長するためのキッカケの場。練習試合とはいえ絶対に勝たないといけないと思っていました。これをアジア予選で苦戦しないために、圧倒できるようにしたいです」

 経験を積むためではなく、勝つために――。橋岡自身のなかで、もう、真剣勝負は始まっていた。

 ボランチ橋岡。チーム作りの時間は限られるだけに、その起用はひとまず今回のみという。ただ、橋岡のなかで、世界に向かう戦いへのスイッチがONに入った瞬間となったようだ。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads