新旧日本代表ブンデスリーガ採点、久保裕也と大迫勇也が最優秀選手に!

ブレーメンの地元紙「ヴェーザー・クーリエ」でも、大迫は最高点「2」をつけた。(画像は同サイトのスクリーンショット)

ロシアW杯代表組の香川、原口、宇佐美、長谷部は出場ならず。

 ブンデスリーガは先週末に1部2節、2部4節が行われた。ニュルンベルクに電撃加入した久保裕也は2試合連続スタメン起用され、両チーム最高の採点2がつき、この試合の最優秀選手に選ばれた。さらに大迫勇也はブレーメンで初ゴールを決め、こちらもチーム内最高点で最優秀選手に。

 一方、大迫以外のロシアW組である原口はベンチ、長谷部、香川、宇佐美はベンチ外だった。

 また、2部のドレスデン対ハンブルクは、3万枚のチケットがソールドアウトになっていたが、試合前日、警察官の人数を割けず警備不可能との理由で急きょ延期になった。同日の右派デモに警察官が警備にあたるためとのこと。

 ドイツ専門誌『kicker』が発表した日本人選手の採点は以下の通り。採点は1~6の6段階で、1が最高点。

『kicker』誌の採点
■ブンデスリーガ・1部/2節■
久保裕也/ニュルンベルク
vsマインツ △1-1
フル出場
採点:2 ※両チーム最高【player of the match この試合のMVP】

大迫勇也/ブレーメン
vs フランクフルト 〇2-1
フル出場。1ゴール
採点:2 ※両チーム最高【player of the match この試合のMVP】

浅野拓磨/ハノーファー
vs ドルトムント △0-0
前半終了まで出場
採点:5

原口元気/ハノーファー
vs ドルトムント △0-0
ベンチ入り
採点:―

宇佐美貴史/デュッセルドルフ
vsライプチヒ △1-1
ベンチ外
採点:―

長谷部誠/フランクフルト
vsブレーメン ●1-2
ベンチ外
採点:―

香川真司/ドルトムント
vsハノーファー △0-0
ベンチ外
採点:―

■ブンデスリーガ・2部/4節■
酒井高徳/ハンブルク
vsドレスデン 
延期
採点:―

伊藤達哉/ハンブルク
vsドレスデン 
延期
採点:―

宮市 亮/ザンクト・パウリ
vsケルン ●3-5
ベンチ外
採点:― 

井手口陽介/グロイターフュルト
vsケルン 〇1-0
ベンチ入り
採点:― 

※大迫勇也はブレーメンの地元紙「ヴェーザー・クーリエ」でチーム内最高の採点「2」で、この試合の最優秀選手に選ばれた。

Ads

Ads