イニエスタがあの元日本代表”二世GK”の誕生日を祝福する

イニエスタが神戸の次世代守護神候補の24歳の誕生日を祝福!! (C)SAKANOWA

飛躍を遂げる大卒2年目、神戸で24歳を迎えたのは――。

 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが9月10日、SNSのインスタグラム(アカウントは@andresiniesta8)のストーリーズを更新した。

 そこで紹介されていたのは、関西大から加入して2年目を迎える前川黛也だった。黄色い練習着姿を着た神戸の背番号1がトレーニングのあとに大きな笑顔を浮かべて、食べ終わった(と見られる)ケーキのお皿と「Happy Birthday」と書かれたプレートを手に持つ写真が紹介されていた。

 前川は9月8日が24回目の誕生日だった。父は「ドーハの悲劇」をベンチで経験している元日本代表の前川和也氏(国際Aマッチ17試合出場、現・FCバイエルン・ツネイシのスクール総括チーフ兼GKコーチ)というまさにサラブレット。身長191センチ、86キロという恵まれた体格を持ち、昨季は一度も公式戦のピッチに立てなかったが、練習を積んで逞しく成長した今季はルヴァンカップ7試合と天皇杯1試合に出場している。

 リーグ戦全試合フル出場を続ける神戸の守護神である韓国代表GKキム・スンギュの壁は高い。それでも前川も日々のイニエスタやルーカス・ポドルスキらとの”極上”のトレーニングと実戦の経験を積み重ね、何かあればいつでも試合に臨めるだけのスキルを身に付けてきた。

 前川本人もSNSのツイッター(@daiya61)で、次のように誕生日を迎えた喜びを報告している。

「今日で24歳なりました。さらに飛躍していける年にしたいです!!今日も大好きな仲間と写真撮りました!みんないい笑顔で嬉しいです…(孤独感)」(※写真ではムッツリ顔の選手が幾人かいるため…)

 イニエスタが紹介したことで、フォロワー2500万人がいる世界に向けて、神戸GKの”MAEKAWA”が一気に知れ渡った。次はピッチに立って、世界を驚かせたい!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads