【日本代表│予想布陣】堂安&中島が新機軸になるか。7日の紅白戦ベースに入れ替えも?

日本代表対コスタリカ代表戦の予想スタメン

4バック有力、海外組抜擢!? 森保ジャパン初陣、今晩大阪でコスタリカ戦。

[キリンチャレンジカップ] 日本 – コスタリカ/2018年9月11日/パナソニックスタジアム吹田

 日本代表が森保一体制下で最初の公式戦を迎える。

 北海道胆振東部地震により7日に予定されていたチリ戦が中止に。そのため、この11日に大阪で組まれたコスタリカ戦が、森保ジャパンデビュー戦となる。

 果たして先発はどのような顔触れになるのか?

 森保監督は「チリ戦の内容を受けて、コスタリカ戦で修正を加えることを考えていた」と、9月シリーズ2試合をセットにしたチーム作りを考えていたという。そのあたりを踏まえると、ベースは7日に代替で組まれた紅白戦の組み合わせになりそうだ。

 そのときのセットは次の通り。

▽ビブスなし
GK東口順昭、DF車屋紳太郎、槙野智章、三浦弦太、室屋成、MF中島翔哉、遠藤航、青山敏弘、堂安律、MF南野拓実、小林悠

▽ビブスあり
GK権田修一、DF佐々木翔、冨安健洋、植田直通、守田英正、MF伊藤達哉、天野純、三竿健斗、伊東純也、FW浅野拓磨、杉本健勇

 日本代表としての流れを踏襲し、4バックが採用されている。メンバーを見ても、確かに今回は4バックを意識した顔触れとなっている印象を受ける。堂安&中島という攻撃的MFを並べる配置は、新生・日本代表の新たな軸にもなり得る楽しみな組み合わせだ。また、青山&遠藤のボランチコンビがどのようにチームを支え、攻撃面でもリズムをもたらすことができるのか注目される。

 森保監督の”2試合プラン”を考慮すれば、この「ビブスなし」から多少の入れ替えがあると考えるのが妥当か。もしくは、この「ビブスなし」組をそのままコスタリカ戦に採用する可能性ももちろん考えられる。

 ただ森保監督としては、今回、思い切って多くの若手の海外組を招集している。普段なかなか実戦をチェックできない選手たちがすぐ結果を出せるのかどうか、見極めたいところであるはず。

 そのあたりを考慮すると、新たな日本のDFリーダーとしても期待される植田直道あたりは、プレーを見ておきたいのではないか。また、開幕から新天地のハノーファーでスタメン起用される浅野にもチャンスを与えたいのでは。もちろん、南野もまたチェックしておきたい存在であるだけに、森保監督がどのような”決断”を下すのか注目される。

 加えて、兼任するU-21日本代表(東京五輪代表)では、森保監督の代名詞である3-4-2-1が採用されてきた。コスタリカ戦の前日練習は非公開だっただけに、3バック採用もあり得るか。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads