新生日本代表が快勝!主将の青山敏弘「みんなでまた強い日本を作っていきたい」と決意

森保ジャパンの船出を飾った先制ゴール!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

”フレッシュジャパン”印象付けた中島→遠藤→南野の会心ゴール!コスタリカ戦、3ゴールで船出を飾る。

[キリンチャレンジカップ] 日本 3-0 コスタリカ/2018年9月11日/パナソニックスタジアム吹田

 森保ジャパンの初陣となった日本代表対コスタリカ代表戦、日本はまさに船出と言えるように若い力が躍動感溢れるプレーを見せ、3-0の勝利を収めた。

 両チームともに球際で激しく潰し合い、なかなかシュートまで持ち込めない展開が続いた。そのなかで、16分、中島翔哉のコーナーキックに代表デビュー戦となった佐々木翔が合わせてヘディングシュートを放つ。すると、この強烈な弾道が相手の頭に当たってオウンゴールとなり、日本が先制に成功する。

 後半に入ると、コスタリカの運動量が落ちたところを日本が走りながらボールを回して隙を突いていく。

 66分、左サイドで中島がタメを作って、ペナルティエリア内に走り込んだ遠藤へパス。遠藤の折り返したマイナスのクロスに、南野が左足で相手DFの股間を抜くシュートを放ち、2-0とリードを広げる。欧州組の若きトリオが絡んで生まれた、文字通り”新しくて鮮やか=新鮮”なゴールだった。

 昨季まで所属したG大阪のホームスタジアムで代表デビューを飾った20歳の堂安は、二度の決定機を決め切れなかったものの、能力の高さを見せつけた。また遠藤は得点シーンのみならず、試合終了間際のクリアなど、随所で体を張った守備で貢献。最後はチームの中心となっていた。

 同じく代表デビューの天野もセットプレーでチャンスを作り、守田はポリバレントぶりを発揮。

 そして最後はE-1東アジア選手権以来の代表復帰となった伊東が、試合を締めくくるインパクト十分な代表初ゴールを突き刺した。

 この日主将を務めた青山は試合後、「いいゲームだったのではないでしょうか。森保さんの初戦、絶対に勝ちたかった。(初戦中心になったが)北海道のみんなを元気にする、その想いで戦いました。みんなでまた強い代表を作っていきたい」と語った。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads