【U-19日本代表】久保建英のゴールでメキシコ遠征を締め括る

U-19日本代表でプレーする久保建英。(C)SAKANOWA

スタメンの中盤は”オール横浜”。地元強豪クラブのユース世代に3-1の勝利。

[親善試合] U-19日本代表 1-1 U-19ブラジル代表/2018年9月9日/メキシコ
得点=日本/20分:原大智、35分:安藤瑞季、77分:久保建英 

 U-19日本代表は9月11日、メキシコ遠征の締め括りとして地元の強豪クラブ・アメリカのU-20と対戦し、原大智、安藤瑞季、そして久保建英のゴールで3-1の勝利を収めた。

 この遠征で比較的出場時間の短かったメンバー中心に先発。中盤は久保、山田康太、堀研太 (いずれも横浜FM) 、斉藤光毅 (横浜FC)と 、横浜F・マリノスと横浜FCの4人が組む”オール横浜”に。さらに将来を嘱望される安藤と原が2トップを組んだ。

 すると攻撃陣が期待に応えて、20分、東のスローインから原が左足のシュートを叩き込んで先制に成功する。さらに35分、ペナルティエリア外から安藤が強烈なシュートを突き刺してリードを広げた。

 後半にメンバーを入れ替えた日本は、55分に直接FKから1点を返されたものの、77分、宮代のスルーパスに久保が合わせて、勝利をしっかり手繰り寄せるチーム3点目を奪取。日本がそのまま逃げ切り、3-1の勝利を収めた。

 この遠征は、来年のポーランドU-20ワールドカップのアジア最終予選となる、インドネシアU-19アジア選手権(10月19日~11月4日)を控えた最後の強化のために組まれた。今回の遠征の内容などを踏まえて、このあとU-19アジア選手権に臨むメンバーが発表される。このほどケガから復帰した鹿島アントラーズの安部裕葵もこの世代にあたり、果たしたメンバーに招集されるのか注目される。

 出場メンバーは次の通り。

□先発□
GK
12 若原智哉(京都)
DF
3 川井 歩(広島)
15 東 俊希(広島ユース)
19 阿部海大(岡山)
21 石尾崚雅(C大阪U-18)
MF
9 久保建英(横浜FM) 
14 山田康太(横浜FM) 
17 堀 研太 (横浜FM) 
23 斉藤光毅 (横浜FC) 
FW
11 安藤瑞季 (C大阪)
22 原 大智 (FC東京)

□交代選手□
ハーフタイム
若原智哉→1 大迫敬介(広島)
原 大智→13 宮代大聖(川崎U-18)
62分
斉藤光毅→16 滝 裕太(清水)
73分
堀 研太→8 郷家友太(神戸)
81分
安藤瑞季→ 4橋岡大樹(浦和)
88分
川井 歩→5 菅原由勢(名古屋)

文:サカノワ編集グループ

 

Ads

Ads