珍事!ベガルタ仙台「シュート0本」でFC東京から先制点奪う

ベガルタ仙台の石原直樹(天皇杯より)。(C)SAKANOWA

6年ぶりのホーム4連勝。自陣から攻め上がり阿部拓馬から石原直樹へのクロスが…。

[J1 26節] 仙台 1-0 FC東京/2018年9月15日/ユアテックスタジアム仙台

 秋の珍事かーー!? ベガルタ仙台がFC東京戦、シュート0本で先制に成功した。

  試合開始から仙台は相手チームの特長を消しながら、石原直樹や野津田岳人の推進力を生かして打開を試みる。それでもディエゴ・オリヴェイラや永井謙佑ら高い能力を備えたFC東京のアタッカー陣を簡単には止め切れない。FC東京が攻め、仙台が耐える展開が続き、前半のシュート数は、FC東京が7本、一方、仙台は0本で折り返した。

 後半もFC東京がボール支配率で上回り、仙台が速攻を狙う形に。そんななか、50分、自陣でのピンチをしのいだ仙台が一気に敵陣までボールを運び、2シャドーの右に入る阿部拓馬が、ゴール前でタイミングよくマークを外した石原へクロスを放つ。

 すると、自陣まで戻っていたFC東京の東慶悟が背後にいた石原の動きを察知し、スライディングでクロスをクリアしようとする。しかし、ボールは無常にもそのままFC東京のゴールネットを揺らす。

 こうして仙台は、シュート0本で先制することに成功したのだ。

 とはいえ、自陣でのピンチを凌いだあと、石原のドリブルとパスなど丁寧にゴール前までボールを運んでいった仙台らしい形から生まれた1点でもあった。決して偶然ではない、価値あるゴールと言えた。

 その後、55分に石原がペナルティエリアの外から枠内に強烈なミドルを放ち、これが仙台のこの日最初のシュートとなった。

 試合のほうは終盤に差し掛かり、1点を追うFC東京が永井と大森晃太郎を下げて、リンスと富樫敬真を投入する「2枚代え」で反撃に打って出たが及ばず。結局、仙台がその1ゴールを守り切って、貴重な勝点3を獲得した。

 仙台は6年ぶりのホーム4連勝。一方、FC東京は6試合勝ち星なし。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads