松井大輔が久々登場も…横浜FCが水戸に敗れて3試合勝星なし

横浜FCの松井大輔。(C)SAKANOWA

佐藤謙介のミドルがクロスバーを叩いて、ゴールラインを越えたかと思われたが……。

[J2 33節] 横浜FC 1-2 水戸/2018年9月16日/ニッパツ三ツ沢球技場

 横浜FCがホームで水戸ホーリーホックに敗れて、これで9月8日の東京ヴェルディ戦から1分2敗と、J1自動昇格圏も迫っていた状況から足踏みが続いている。

 30分に先制点を許しながらも、4分後にイバが今季15ゴール目を決めて同点に追いつく。それでも38分にパスワークから崩され田向泰輝に決められ勝ち越されてしまう。

 横浜FCはハーフタイムに前線の2枚代えを敢行。さらに84分には松井大輔が9月1日の京都サンガ戦以来3試合ぶりにリーグ戦のピッチに立った。90分には佐藤謙介のミドルがクロスバーを叩いて、ゴールラインを越えたかと思われたが……判定はノーゴールに。

 横浜FCは勝点56のままで、暫定1位の松本とは5ポイント差。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads