宇賀神&武藤のゴールで浦和が横浜FMとの熱戦を制す

浦和レッズの武藤雄樹。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

横浜FMも天野淳のセットプレーからチャンスを作ったが…。

[J1 26節] 横浜FM 1-2 浦和/2018年9月16日/日産スタジアム

 浦和レッズが宇賀神友弥と武藤雄樹のゴールで、横浜F・マリノスとの熱戦を2-1で制した。浦和は4試合ぶりの勝利、一方の横浜FMは久々の連勝とはならなかった。

 試合開始からアウェーチームがボール支配率で上回るなか、一方の横浜FMも縦への素早い仕掛けからゴールに迫る。気の抜けない緊張した展開が続いた。

 すると43分にFKのこぼれ玉を宇賀神がペナルティエリアの外から正確にミートし、ボールはゴールネットを揺らして先制に成功する。

 しかし横浜FMがウーゴ・ヴィエイラを投入すると流れが一変。ホームチームが攻撃を活性化させると、ウーゴ・ヴィエイラが1点を返して同点に……。

 しかし、そこから浦和は再び挽回する。相手が前掛かりになったところを見逃さず、79分、青木拓矢のロングフィードを、チアゴ・マルチンスの背後を突いた武藤が胸トラップから左足でねじ込み再び勝ち越し。

 その後はホームチームが、先日のコスタリカ戦で日本代表デビューを果たした天野純のセットプレーから浦和ゴールを脅かす。しかし西川周作を中心とした浦和の守備陣が踏ん張り、2-1で逃げ切った。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads