激動ヴィッセル神戸。イニエスタが注目発言「困難なときこそ…」

ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ。(C)SAKANOWA

ダービーで敗れたあと、「いつも一緒だ」とファンに呼びかける。

[J1 26節] 神戸 1-2 G大阪/2018年9月15日/ノエビアスタジアム神戸

 ヴィッセル神戸が9月17日、吉田孝行監督の解任と林健太郎コーチの暫定監督への昇格を発表した。新体制は決定次第発表される。

 現在8位ではあるものの、最近は公式戦4連敗中。ACL出場権獲得可能なリーグ3、4位を目指すとともに、来季の補強などを見据えた体制の整備を進めるための決断となった。

 そんななか、ガンバ大阪とのダービーで敗れたあと、アンドレス・イニエスタが自身のSNSのインスタグラムとツイッター(アカウント名は、いずれも@andresiniesta8)を更新。イニエスタのパスから古橋亨梧がゴールを決めた際の歓喜の場面とプレーの2枚の写真をアップし、以下のようにスペイン語と英語でファンに呼びかけている。

「困難のときこそ、いつも一緒だ!行くぞヴィッセル!!」

 イニエスタらしい前向きなコメントだ。

 確かにイニエスタ―古橋のホットラインによる先制点はとても鮮やかで、期待を抱かせる一撃だった。吉田監督の下、若手と日本人&助っ人の新戦力の融合が進み、攻撃のバリエーションが少しずつ増えていることを印象付けた。しかし一方で失点が止まらず、結果が伴わずにいただけに……クラブも思い切った決断を下した。

 今週末の9月23日には、アウェーで浦和レッズと対戦する。チケットは完売している注目の一戦。この監督交代を起爆剤にできるか。何よりイニエスタの活躍が連敗ストップには欠かせない!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads