【湘南-川崎】小林悠のPK阻止。秋元陽太が”5分の3”のデータと天候で読み切る

湘南ベルマーレのGK秋元陽太。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

「思い切りは蹴らないと思った」

[J1 18節] 湘南 0-0 川崎/2018年9月26日/Shonan BMWスタジアム平塚 

 嵐のような悪天候のなか、湘南ベルマーレのGK秋元陽太が鬼神のごとく圧倒的な存在感を示した。

 最大の見せ場は、85分、川崎フロンターレに与えたPKの場面だった。

 キッカーは小林悠。ステップで変化を加えながら駆け引きをしてくる相手に対し、秋元は最後まで足を動かさず対応。すると狙い通り、真ん中高めに蹴られたシュートを、湘南の守護神がパンチングで弾き出して、このピンチを凌いだ。

「後半は思った以上に天気が悪くなり、風も雨も強くやりづらい状況でしたが、スコアレスで終えられて良かったと思います。その前のピンチを防いだのにPKを与えてしまうところがウチの課題。あそこで一息置くのではなく、プレーを切らすべきでした」

 そのようにPKに至ったプロセスを、秋元は問題視していた。そして小林とのPKの駆け引きについて、次のように説明した。

「キッカーは小林悠選手で、グラウンドがちょっと悪かったので、思い切りは蹴らないだろうと思い、タイミングをずらして対応しました」

 今季の小林は、自身が担ったPK5本のうち3本を真ん中寄りに蹴っていた(そのうち1本がクロスバーに当たり失敗)。そのデータとこの日の悪天候によって「動かない」という判断を下して、それが”的中”した。

 他にも知念慶、小林悠の決定的なシュートもセーブ。悪天候のなか、湘南の守護神は最後まで集中を切らさず守り切り、J1残留争いでも一歩前進する貴重な勝点1をチームにもたらした。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads