【ACL直前情報│鹿島-水原三星】三竿健&永木のボランチ中心に「失点ゼロ」を狙う

鹿島はホームで勝利なるか?(写真は準々決勝・天津権健戦)写真:上岸卓人/(C)Takashi UEGISHI

 2トップは好調なセルジーニョ&鈴木優磨。

[ACL 準決勝 1st-leg] 鹿島 – 水原三星/2018年10月3日19:00/県立カシマサッカースタジアム

 アジアチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグ、鹿島アントラーズが10月3日午後7時から県立カシマサッカースタジアムで、韓国Kリーグの水原三星と対戦する。 

 鹿島のメンバーは次の通り。

GK
クォン・スンテ
DF
内田篤人、チョン・スンヒョン、犬飼智也、山本脩斗
MF
遠藤康、永木亮太、三竿健斗、安部裕葵
FW
鈴木優磨、セルジーニョ

サブ
GK
曽ケ端準
DF
西 大伍 、町田浩樹 、安西幸輝
MF
小笠原満男
FW
土居聖真、金森健志

 初のベスト4になる鹿島はレオ・シルバが出場停止。ボランチは三竿健&永木が採用された。今季は何度も採用されてきた、「無失点に抑えて可能な限りゴールを狙う」というミッションを遂行するには、より計算の立つセットと言えそうだ。彼らが爆発的な水原三星の中盤のアタックを封じ、起点を作らせないことが求められる。

  また、サイドバックは内田篤人&山本脩斗の”必勝コンビ”。水原三星の得意とするサイドからの崩しに対応しながら、思い切った攻撃参加を狙いたい。センターバックは試合ごとにプレー精度を上げる犬飼とチョン・スンヒョン。昌子源はベンチ外となった。

 2トップは、好調をキープするセルジーニョ&鈴木優磨。安部と遠藤の切り崩しから訪れるチャンスをしっかりモノにしたい。

 第2戦は10月24日、水原ワールドカップスタジアムで行われる。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads