内田篤人が後半AT大逆転ゴール!! ACL鹿島が水原三星に3-2先勝 

ACL準決勝の水原三星戦、セルジーニョのクロスから鹿島はオウンゴールによる1点を返す。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

西大伍のファーストプレーのクロスからセルジーニョ同点弾。

[ACL 準決勝 1st] 鹿島 3-2 水原三星/2018年10月3日/県立カシマサッカースタジアム

 アジアチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグ、鹿島アントラーズは水原三星に2点先取されたものの、後半アディショナルタイムの内田篤人のゴールで3-2の逆転勝利を収めた。

   立ち上がり安定感を欠いた鹿島は、立て続けに流通経済大卒のイム・サンヒョプに左サイドから崩され、2分にCKからのオウンゴール、6分にデヤンのゴールと2点を先取される。

 その後は徐々に試合の流れが落ち着き、鹿島がボールをキープする時間が増える。迎えた21分、セルジーニョのクロスに鈴木優磨が飛び込むと、鈴木のマークについていたDFの頭に当たって1点を返す。

 そこからは鹿島がボールを左右に振りながらチャンスを伺い、水原三星がカウンターで対抗する構図に。ホームチームは土居聖真、西大伍を投入し、攻勢を強める。すると84分、西のファーストプレーとなった右サイドの突破からのクロスに、セルジーニョが合わせて、ついに同点に追いつく。

 このまま同点かと思われた後半アディショナルタイム、ゴール前の混戦からこぼれ球を叩き込んだのは――内田篤人。シュートが選手に当たったものの、そのままゴールネットを揺らして、3-2の逆転勝利を収めた。

 第2戦は10月24日、水原ワールドカップスタジアムで行われる。

 鹿島は、引き分けまたは勝てば文句なしで決勝進出。アウェーゴールルールにより、0-1、1-2の場合は水原三星が勝ち進む。2-3の場合は延長戦に突入。逆に3点以上を奪っての1点差負けであれば、鹿島が勝ち上がる。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads