【日本代表】ジュビロ磐田の川又堅碁を追加招集。浅野拓磨はケガで辞退

昨年12月のE-1東アジア選手権に出場した川又堅碁。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

小林悠から清水の北川航也に続き、FW二人目の交代。

 日本サッカー協会(JFA)は10月8日、キリンチャレンジカップの10月シリーズ(12日パナマ代表戦/新潟、16日ウルグアイ代表戦/埼玉)臨む 日本代表(SAMURAI BLUE)のメンバーで、浅野拓磨選手(ハノーファー96)が怪我のため不参加となり、代わって川又堅碁(ジュビロ磐田)を招集すると発表した 。

 北川航也選手(清水エスパルス)が小林悠選手(川崎フロンターレ)に代わって招集されたのに続き、今回二人目のFWの交代となった。

 川又は1989年10月14日生まれの28歳。愛媛県西条市出身。184センチ、76キロ。日本代表8試合1得点。今季リーグ27試合9得点を決めている。

 一方、北川は初招集。今季リーグ28試合11得点。先日の静岡ダービーで2ゴールを記録している。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads