ルヴァン杯ニューヒーロー賞本命は横浜FMのドリブラー、対抗は湘南の…

横浜F・マリノスの遠藤渓太。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

リスト外の杉岡大暉、金子大毅にもチャンス!

 Jリーグは10月9日、YBCルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」の第4回投票途中集計を発表した。

 これまでは23歳以下だった対象を、今季から開幕時21歳以下に変更。よりフレッシュな選手にスポットライトを当てている。

 ルヴァンカップ準決勝の鹿島アントラーズ対横浜F・マリノス、柏レイソル対湘南ベルマーレは10月10日に第1試合、14日に第2試合を開催。そこでの活躍がそのままタイトルにも直結するだけに、ヤングガンズたちの一挙手一投足に注目だ。

 これまで多くの得票を得ているのは以下の10人だ。

椎橋慧也 MF/21歳 ベガルタ仙台
常田克人 DF/20歳 ベガルタ仙台
遠藤渓太 MF/20歳 横浜F・マリノス ★
久保建英 MF/17歳 横浜F・マリノス ★
山田康太 MF/18歳 横浜F・マリノス ★
上原力也 * MF/21歳 ジュビロ磐田
森 晃太 FW/20歳 ヴァンフォーレ甲府
荻原拓也 DF/18歳 浦和レッズ
名倉 巧 * MF/19歳 V・ファーレン長崎
齊藤未月 * MF/19歳 湘南ベルマーレ ★

※プレーオフステージ終了時点
※年齢は2018年10月9日時点(サカノワまとめ)
※得票順ではありません、
※久保 建英選手は、FC東京でルヴァンカップに出場していたため、横浜F・マリノスでは出場することはできません。
★準決勝進出チーム
*新たに上位に入った選手

――・――・――・――・――

 荻原、久保、山田、齊藤はU-19アジア選手権に臨むため、27日の決勝までは不参加が確定している。となると、本命視されるのが、唯一、勝ち残りで21歳以下である横浜F・マリノスの遠藤になる。

 U-21日本代表としてアジア大会準優勝に貢献したドリブラー。プレーオフステージは不在だったが、グループステージに5試合出場している。

 まだ今大会ゴールがないだけに、準決勝の2試合で、インパクトを残す一撃を突き刺したいところだ。

 また、このリストには入っていないが、湘南の杉岡大暉(20歳)も対象。代表活動があったため、これまで2試合に出場したのみ。準決勝での活躍次第では、一気に受賞を掴むこともできるか。同様に目下売り出し中、決勝トーナメント(プライムステージ)2試合2ゴール中の金子大毅(20歳)もチャンスか。

■ルヴァンカップ準決勝■
第1戦/10月10日(水)開催
19:00 鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス/カシマ/フジテレビNEXT/スカパー!/スカパー!プレミアムサービス

19:00 柏レイソル vs 湘南ベルマーレ 三協F柏 フジテレビTWO/スカパー!/スカパー!プレミアムサービス

第 2 戦 試合日程/10月14日(日)開催
14:00 横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ/ニッパツ/フジテレビONE/スカパー!/スカパー!プレミアムサービス

16:00 湘南ベルマーレ vs 柏レイソル/BMWス/フジテレビNEXT/スカパー!/スカパー!プレミアムサービス

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads