【J2入場者ランキング】「1万人台」は名古屋と松本のみ。10チームが6000人以下

Jリーグ

サカノワスタッフ

J1復帰を目指す松本。熱い声援に応える男、パウリーニョ(写真)の完全移籍に切り替えての残留も決まった。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

際立つ、松本への熱いサポート。岡山、大分、岐阜も健闘する。一方、長崎は九州勢ワースト、四国勢はすべて5000人以下。

2017年のJ2リーグは、湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎、名古屋グランパスが来季J1昇格を果たし、ザスパクサツ群馬のJ3降格が決まった。その今季のプレーオフを除いたレギュラーシーズン、ホーム入場者を調べたところ、1位は名古屋グランパスの1万5365人、2位は松本山雅FCの1万2146人、3位がジェフユナイテッド千葉の9983人だった。平均1万人超えは名古屋と松本山雅の2チームのみで、ほぼ半数の10チームが6000人以下だった。

全国各地のさまざまな人口規模の都市が参戦しており、一概には比較できない。その中で、2位・松本の入場者数は突出していると言っていい。前年1万3631人から1485人減ったものの、力強いサポートを得ていたことが分かる。

ただし、アウェーにも多くのサポーターが訪れるなか、反町康治監督は「これだけ多くの方が来てくれることを絶対に当たり前だとは思うな、と選手たちには伝えています。目の前の戦いに死力を尽くして戦えない者に、精一杯の声援などかけてくれない」と語っていたことがある。来季就任7年目を迎える指揮官のもと、クラブが一体どのようなアクションを起こすのか注目される。

地域の一体感が増すファジアーノ岡山が5位の9471人、J3から返り咲いた大分トリニータが7位の8063人、さらに大木武監督の就任したFC岐阜も8位の6977人と健闘。一方、来季J1昇格を果たした長崎は、九州勢ワーストの14位5941人。昇格プレーオフ進出を目前で逃した徳島ヴォルティスなど四国の3チームはいずれも5000人以下だった。最下位の群馬は、入場者数もワースト2位と奮わなかった。

□2017年J2・ホーム入場者数ランキング□(Jリーグ発表

順位 チーム 平均入場者数 総入場者数
1 名古屋 15,365 322,672
2 松本 12,146 255,076
3 千葉 9,983 209,637
4 福岡 9,550 200,546
5 岡山 9,471 198,883
6 湘南 8,454 177,527
7 大分 8,063 169,328
8 岐阜 6,977 146,518
9 京都 6,748 141,705
10 山形 6572 138,232
11 熊本 6,557 137,698
12 東京V 6,206 130,334
13 横浜FC 5,967 125,301
14 長崎 5,941 124,756
15 山口 5,454 114,538
16 徳島 4,979 104,557
17 水戸 4,931 138,232
18 金沢 4,397 92,336
19 町田 4,056 85,177
20 愛媛 3,866 81,193
21 群馬 3,832 80,465
22 讃岐 3,805 79,908
―― 平均/合計 6,970 3,219,936

Ads

Ads