「この慣れ親しんだ環境を離れることが必要だった」浦和レッズ矢島慎也のガンバ大阪への完全移籍が決定

浦和・矢島のガンバ大阪への完全移籍が正式発表された。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

下部組織から通算10年…。ACLの川崎戦では貴重なアシスト。

 ガンバ大阪は12月21日、浦和レッズのMF矢島慎也の完全移籍での獲得を発表した。1994年1月18日生まれ、23歳。171センチ・67キロ。

 浦和ジュニアユースから育ち、トップチームではまず2012年から14年までプレー。その後、ファジアーノ岡山で2年間主力を務め、昨年のリオデジャネイロ五輪に日本代表として出場した。

 今季3年ぶりに浦和へ復帰し、J1リーグ戦11試合・1得点。ACLでは4試合に出場し、川崎との準々決勝第2戦では興梠慎三の貴重なゴールをアシストしている。

 J1通算23試合・2得点、、J2通算72試合・13得点。矢島は浦和に次のようにコメントを寄せている。

「下部組織からプレーさせていただき、自分のことを応援してくださった皆さま、ありがとうございました。特に、ジュニアユース、ユースの頃に指導してくださった方々には本当に感謝しています。

 このチームで活躍し多くの勝利に貢献することが大事だと考えていましたが、今の自分にはこの慣れ親しんだ環境を離れることが必要だと感じました。今後、サッカー選手として成長できるよう努力を続けます。10年間ありがとうございました」

文・サカノワ編集グループ

【注目記事】
・新企画【Jの輪】那須大亮――「気持ち」でつながってきた同い年のセンターバック
・【移籍の真相】「浦和か湘南に絞っていた」山田直輝が最終決断を下すまで――
・【移籍の舞台裏】神谷優太が愛媛へ武者修行。東京Vユースから 青森山田高に‟移籍”した時と共通する覚悟
・【ファインダー越しの世界】土居聖真は日韓戦で唯一‟戦っていた”
・ケラー監督が見せた内田篤人への期待と愛情
・「1位はウチダよ!」ユニオン・ベルリンのファンショップ店長に直撃取材
・W杯は大丈夫か。長谷部誠が語った「ケガとの付き合い方」

Ads

Ads