【FC東京】新加入選手&長谷川監督&ナオ&羽生が決意を語る。新背番号は久保建英が15番、石川直宏の18番は橋本拳人が継承!

新加入選手、長谷川監督らスタッフ、(右から)強化部スタッフになった羽生、石川クラブコミュニケーターとサポーターで記念撮影。(C)SAKANOWA

石川CCが「クラブコミュニケーターは、『カーボンコピー』のように」と説明。羽生がサプライズ登場!!

 FC東京の新体制発表会が1月13日、イオンシネマシアタス調布で開かれ、抽選で選ばれた350人のサポーターとともに、新加入6選手とは長谷川健太監督が決意を語った。さらに石川直宏のクラブコミュニケーター、羽生直剛の強化部スタッフ就任が発表された。

「クラブコミュニケーター」の役職について石川は、「今、このクラブが必要なのは一体感を持つこと。現場、フロント、スタッフ、ファン、サポーター、株主の皆さんをつなぐ懸け橋になっていきたい。いろんな形で間に入ってつなぎ、それを伝える役職を検討したなかで決めました」と説明。

「CCと読んでください。メールのCCはカーボンコピーの省略。CCをつけることで細部に行き届くイメージがあるので、そういうイメージを持ってもらってもいいのかなと思っています」

 そう語る石川が新たなクラブの発信源になっていきそうだ。

 さらに羽生直剛の強化部スタッフ就任が、サプライズで発表された。

 羽生は「トライ&エラーを重ねながら、現役時代から大切にしてきた運動量と、人と人をつなぐこと、常に全力にやること、常に楽しくやることをテーマにまずこの1年やります」と意欲を示した。

 続いて長谷川健太新監督と新加入選手が登壇。次のように決意を示した。

【次ページ】長谷川監督の第一声「キーワードは『マル求』。欲求、要求、追求、探求…最後は号泣しましょう!

Ads

Ads