浦和レッズがクラブロゴを完全リニューアル

Jリーグ

浦和レッズロゴ25周年

サカノワスタッフ

浦和レッズの新たなクラブロゴ。(C)URAWA REDS

 設立25周年で見直し、「人」「街」「サッカー」をイメージ。

 浦和レッズが2月1日、新たなクラブロゴデザインを発表した。クラブ設立25周年を機会に「Red Daiamonds」から「URAWA REDS」へ完全リニューアルされ、このロゴとともに浦和から世界へ発信していく。

 これまでクラブロゴのデザインは一度も変更せず運用されてきたが、25周年を機に、浦和レッズが大切にしてきた価値観や行動規範を具現化するロゴデザインの作成に至った。

 デザインコンセプトは「進化は止まらない」。全てのアルファベットに配された三角形は、「人」、「街」、「サッカー」を現わしている。

 クラブでは「浦和レッズは、「人」、「街」、「サッカー」と共に、歩みを止めることなく、常に進化を目指します。進化を目指し、たとえ逆風がふいても愚直に前を向いて進んでいく。全ての文字に配された三角形は、ファン・サポーターの皆さんとクラブを繋ぐ象徴的なアイテムの一つであるフラッグが、逆風に向かって前進していく際に後方へたなびく様子も同時に表現しています」と説明をしている。

 浦和が新たなロゴとともに2018シーズンを迎える。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads