【川崎】復活弾を決めた大久保嘉人。200問アンケート『我が家のこだわり』は「ケンカを……」

今季は背番号4をつける大久保嘉人。さっそく挨拶代わりのゴールを決めた。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

公式HPで『これから身に付けたいもの』「語学」など興味深い回答を連発するなかで。

 今季FC東京から川崎フロンターレに完全移籍で復帰した大久保嘉人が2月10日のゼロックススーパーカップのセレッソ大阪戦、後半から出場すると90+2分に意地のゴールを叩き込んだ。試合は2-3で敗れたものの、大久保は「悔しいが、落ち込む必要はない」と前を向いた。13日19時からホームの等々力陸上競技場で、ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)のグループステージ第1戦、上海上港戦を迎える。

 川崎の公式ホームページではこのほど、全選手とスタッフのプロフィールが新シーズンバージョンにリニューアルされた。川崎の売りは、選手が真剣に答える200問に及ぶアンケート。ピッチ内でのこだわり、仲の良い選手や影響を受けた人物、さらにプライベートまで、選手の人物像が手に取るように分かるぐらい充実した内容になっている。

 そのなかで大久保は、『これから身に付けたいもの』「語学」、『サッカー人生で一番嬉しかった試合』「スペインのデビュー戦」、『サッカー人生で一番悔しかった試合』「負けたら全部悔しい」、『フロンターレに決めた理由』「 好きだから」など、興味深い回答を連発。

 そしてプライベートのコーナーで、『ウチの家族のこだわり』について、「ケンカを止めない」と答えている。男4兄弟という子供たち。ケンカが起きれば、自分たちで解決をさせているそうだ。男兄弟だからこそできる”こだわり”とも言えるか(四男は昨年生まれたばかりだが)ちなみに、その『家族にひと言』では、「ありがとう」と感謝を綴っている。

 今季の大久保はJ1リーグ通算400試合出場まであと「1」、通算200ゴールまであと「21」と迫る。背番号4をつけたストライカーがそういった記録をクリアした先、川崎のリーグ連覇もぐっと近づくはずだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads