【川崎】「守備で勝負する」と決めたのは1年前。流経大卒のルーキー守田英正が「自分が一番下手くそ。だから人一倍練習しなければ」と歩んできた不屈のサッカー人生

スーパーカップで”デビュー”した守田(左)。ACLやリーグ戦での起用もあるか?写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

スーパーカップでデビュー。気付けば…「ずっと攻撃の選手だったんですけれど、守備のほうが得意になっていました」。

「(高校まで)全国大会には一度も出たことがありません。国体や関西選抜に選ばれたことはありましたが、そこまで飛躍できませんでした」

 むしろレベルの高い選手たちと接するたびに、「自分が一番下手くそだと痛感してきました。その自覚は、今でもあります。だからこそ、人一倍練習してやろうという気持ちを持っています」

 そのように自身について語るのは、今季、流通経済大から川崎フロンターレに加入した守田英正だ。さっそくゼロックススーパーカップのセレッソ大阪戦で後半途中の52分から右サイドバックとして出場し、サポーターにユニフォーム姿を披露。鬼木達監督が寄せる期待の大きさも伝わってきた。

 そんな彼が迎えたサッカー人生の大きな転機は、2年前のことだった。そこから一気に川崎入りを果たした、ある意味、異色のキャリアと言える。

 金光大阪高校時代は敵陣の空いたスペースを突く動きを武器にトップ下などアタッカーとして活躍し、流通経済大に進んだ。ただ、同大では最も低いカテゴリーの1年生チームからスタート。そこで「守備ができなければトップチームには上がれない」と痛感し、これまで疎かににしてきたディフェンス面の強化に着手した。

「プレーヤーとしての転機」は大学3年時、これまでプレーしたことのなかったサイドバック、センターバックでプレーし、1対1の対応力を上げ、守から攻の起点になるビルドアップの精度も磨いた。そしていつしか気付けば、「ずっと攻撃の選手だったんですけれど、守備のほうが得意になっていました」と笑う。

 ここから守田のサッカー人生は急展開を迎える。小学校の頃からの夢だったJリーグが具体的な目標に変わっていったのだ。

「大学3年の途中、目標になったというより、(ガンバ大阪の練習に参加し)プロとの距離感が掴めました」

 4年生になって、「完全に守備で勝負しようと決めた」。

Ads

Ads