井手口陽介がアディショナルタイム決勝弾、日本が北朝鮮に勝利!

北朝鮮戦の後半アディショナルタイム、決勝点を決める井手口陽介。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

中村航輔が再三ビッグセーブ。シュート数は7対12と上回られる。

[東アジアE-1選手権]日本 – 北朝鮮/2017年12月9日/東京スタジアム

日本代表のハリルホジッチ監督が「ワールドカップに向けた最後の見極め」と位置付けた国内組のみで臨む今大会の初戦、井手口陽介のアディショナルタイム決勝弾で北朝鮮に1-0の勝利を収めた。

昌子源がキャプテンマークを着け、GK中村航輔、DF室屋成が先発でA代表デビューを果たす。日本は立ち上がりからボールポゼッションで北朝鮮を上回るものの、守備時に素早くリトリートして5-4-1で自陣を固める敵陣をなかなか攻略できない。

後半に入ると、北朝鮮に何度もゴールを脅かされ、劣勢の時間帯が続く。GK中村を中心になんとか耐えしのぎ、初代表の伊藤純也、久々にA代表復帰を果たした川又堅碁、絶好調の阿部浩之とアタッカー陣を次々に投入して攻撃を活性化しようと試みる。

迎えた後半アディショナルタイム、川又の左足のクロスを今野がヘディングで落とし、そこに走り込んだ井手口がミドルレンジをシュートを放つ。ボールは相手DFをかすめ、ゴールネットを揺らした。

井手口を中心に、クロスを放った川又(中央)、ポストプレーをした今野(17番)らが歓喜する。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

第1戦は中国と韓国が2-2で引き分けており、勝点3を獲得した日本が首位に立った。ただ、シュート数は7本対12本と北朝鮮に大きく上回られた点は課題を残した。ハリルホジッチ監督は「相手が低い位置に作ったブロックを崩せずに苦しんだ。しかし、最後まで諦めず、美しいプレーからゴールが決まった」と語った。

Ads

Ads