4得点中3ゴール演出。絶好調の中島依美が日本を優勝に導く!

今日、日本は優勝を懸けて北朝鮮と対戦。中国戦ではキャプテンマークを巻いた中島(右)が日本を優勝に導く!写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

1得点・1アシスト、岩渕のゴールにつなげるバー直撃弾も放つ。

 [東アジアE-1選手権]日本女子代表-北朝鮮女子代表/2017年12月15日18時55分/千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ)

 東アジアE-1選手権で、これまでの日本女子代表で全4得点中3ゴールに絡む活躍を見せているのが、中島依美だ。高倉麻子監督のもとでの日本開催初タイトルの懸かる12月15日の北朝鮮戦でもゴールに絡む活躍が期待される。

 第1戦の韓国戦では、60分から「流れを変えたかった」と途中出場すると、71分にCKから三宅史織のヘッドで落としたボールを左足で押し込み、貴重な2点目を奪う。さらにクロスバーを叩く強烈なミドルを放ち、そのこぼれ球を岩渕真奈が押し込み決勝ゴールにつなげた。

 続く中国戦ではなでしこジャパンで初めてキャプテンマークをつける大役を任され、その期待に応える。20分、自らボールを持ち上がり、シュートを打つと見せかけてスルーパスを放ち、田中美南の決勝弾をアシスト。守備面でもプレッシングを怠らず、無失点に貢献した。

「得点は狙っています」と、中島はハッキリ明言する。一方で、「とにかくボールを失いすぎている」と自身とチームの課題を挙げる。そこには、なでしこジャパンではもっとできるはずだという自負がある。

「絶対に少ないタッチで、つなげられると思うんです。それができれば、どんどん相手をはがせる。もちろん相手がいる。しっかり相手を見てサッカーができるかも課題になる」

 高倉監督のもと、日本開催の大会での初タイトルがかかる15日の北朝鮮戦。中島がどのような形でフィニッシュにつなげるのか。この大会もっとも勢いに乗る彼女の活躍が、日本の勝利には欠かせない。

文・サカノワ編集グループ

Ads

Ads