長谷川光基が渾身決勝弾! FC東京U-18、高円宮杯CS初優勝!

FC東京U-18が高円宮杯U-18チャンピオンシップを初めて制した。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

0-2から追い付き、延長戦の死闘を制す。

[高円宮杯U-18チャンピオンシップ]FC東京U-18 3延長2 ヴィッセル神戸U-18/2017年12月17日/埼玉スタジアム

 FC東京U-18がヴィッセル神戸U-18との延長戦の死闘を制し、ユース世代の真の日本一を決める高円宮杯U-18チャンピオンシップで初優勝を果たした。

 立ち上がりから主導権を握ったのは神戸で、18分に泉柊椰、32分に佐々木大樹がゴールを決めて2点を先取。その後も神戸の攻勢が続いたものの、それを耐えしのいだFC東京も徐々にチャンスを作り出す。

 そして後半立ち上がりに46分に品田愛斗、53分に吉田和拓が決めて、FC東京が2-2の同点に追い付く。その後は一進一退の展開が続いて延長戦に突入する。

 迎えた100分、Uー18日本代表の岡庭愁人のコーナーキックを長谷川光基がヘッドをねじ込み、これが決勝ゴールに。FC東京U-18は全日本ユース時代を含めチャンピオンシップ初制覇。最後まで高いクオリティを維持した神戸の攻撃的なサッカーも光った。

文・サカノワ編集グループ

Ads

Ads