【京都】圧巻2得点。2018年、ラインブレイカー服部航平がさらに突き抜ける!

J国際ユースカップで技ありの2ゴールを決めた服部(左)。3年生になる来年度は、さらに突き抜けていきそうだ。(C)SAKANOWA

シャペコエンセ相手に、両足から技ありのシュートを突き刺す。憧れは「大黒さん」。

 Jリーグ国際ユースカップで脚光を浴びたのが京都サンガF.C.U-18のFW服部航平だった。決勝進出を懸けた12月23日のシャペコエンセ戦で2ゴールを奪取。しかも両足から1点ずつ、いずれも高度なテクニックを見せ付けて決めたものだった。

 29分、裏のスペースにフィードが放たれると、服部は二人のDFの間をすり抜けて先にボールに追い付く。ゴールから離れる難しい態勢だったが、ペナルティエリア左約20メートルの位置から左足を振り抜く。すると強烈な弾道が逆サイドのゴールネットに突き刺さった。

 さらに40+1分、GK井ノ尾匠のFKに抜け出して、今度はペナルティエリア右へ。前に出たGKのポジションを見て、脇を抜ける技ありのコントロールショットを逆のサイドネットに決めた。

「2点とも本当に素晴らしかった。両足を高いレベルで蹴れるという彼の特長が出たゴールだった」と、京都の岸本浩右監督も目を細めた会心の2ゴール。試合も京都が2-0で逃げ切った。

「裏のスペースを突く自分の武器を出せました。これまでの2試合でゴールを決めていなかったので、今日こそはと思っていました」

 服部はそのように喜んだ。佐藤寿人、興梠慎三らラインブレイクを得意とするFWの「特に動き出しのタイミングを研究しています」と言う。特にお手本にしているのが、「とても質が高い」と言う京都のトップチームにいる大黒将志の動きだ。

「大黒さんの動き出しのタイミングはとても勉強になります。少しでも自分のものにしていきたいです。タイプは少し異なりますが、先輩でもある久保裕也さんのシュートまでの持ち込み方も参考にしています」

 両足から強烈かつ精度の高いシュートを放てる前途有望なストライカー。日本人ストライカーの業(わざ)を吸収して、成長を遂げている。来年度に3年生になる服部は、さらにブレイク=突き抜けていきそうだ。その先――プロであり、そして……とても楽しみだ。

取材・文:塚越始

Ads

Ads