×

【浦和】杉本健勇が磐田へ完全移籍に切り替え。少し異なるトーンのコメントを両クラブへ発表

杉本健勇。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

2022シーズンは公式戦通算35試合・1ゴール。

 J1リーグの浦和レッズは1月4日、今季J2リーグに降格するジュビロ磐田に期限付き移籍していた元日本代表FW杉本健勇(SUGIMOTO Kenyu)が、そのまま完全移籍に切り替えて正式に加入することが決まったと発表した。

 杉本は1992年11月18日生まれ、大阪府出身、30歳。これまでのキャリアは、FCルイラモス・ヴェジェット ― セレッソ大阪U-15 ― C大阪 U-18 ― C大阪→東京ヴェル ディ1969(期限付き移籍) ― C大阪 ― 川崎フロンターレ ― C大阪 ― 浦和 ― 横浜 F・マリノス(期限付き移籍) ― 磐田(期限付き移籍)。2022シーズンはJ1リーグ30試合・1ゴール、公式戦通算35試合・1得点。

 杉本は浦和を通じて、次のようにコメントしている。

「短い期間でしたが、ありがとうございました! なかなか期待に応えられず、悔しい気持ちしかないですが、まだまだ成長できると信じてこれからも頑張っていきます!」

 一方、磐田のサポーターに向けて、次のように決意を示している。

「昨シーズンは最後まで声援ありがとうございました。悔しい結果に終わり、チームを降格させてしまったこと、責任を感じています。このままでは終われないと、必ず1年で昇格し闘えるチームにしたいと思います。応援よろしくお願いします」

【移籍の関連記事】
【日本代表】鎌田大地へのフランクフルト延長オファーの内容が明らかに。一方、バルセロナ、トッテナム、ドルトムントの提示額は…

浦和残留? 名古屋移籍!?ユンカーが意味深な「ラーメン」投稿

移籍情報】ラツィオに堂安律“待望論”。イタリア代表インモービレの相棒に…

Ads

Ads