鹿児島ユナイテッドのホームが『白波スタジアム』に名称変更

「九州だJ!」をアピールする鹿児島の赤尾(右下)と三浦監督(同上)。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

略称は「白波スタ」。2020年の鹿児島国体のメインスタジアムに。

 鹿児島ユナイテッドFCのホームスタジアムの名称が4月1日から、ネーミングライツにより「白波スタジアム」に変更されることが発表された。

これまでの名称は「鹿児島県立鴨池陸上競技場」。鹿児島県と薩摩酒造株式会社が施設命名権(ネーミングライツ)の契約を結んだ。白波スタジアムの英語表記は、「Shiranami Stadium」。略称は「白波スタ(Shiranami Sta)」。

 契約期間は2018年4月1日から2021年3月31日までの3年間。また同競技場は2020年開催の鹿児島国体のメイン会場になる。J3の4節終了時点で、鹿児島は1勝1分2敗の9位。昨年9月にJ2クラブライセンスを取得している。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads