【J1 10節】オリヴェイラ監督初陣の浦和はマウリシオ復帰。内田篤人3試合連続スタメン、G大阪の菅沼駿哉がリーグ今季初先発!

浦和レッズの遠藤航。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

遠藤航はボランチ起用か。レオ・シルバも5戦ぶり先発復帰。

[J1 10節] 柏 – 浦和/2018年4月25日/三協フロンテア柏スタジアムほか

 J1・10節のスタメンが発表された。オズワルド・オリヴェイラ監督が初采配を振るう浦和レッズは、前節のコンサドーレ札幌戦からマウリシオが先発に復帰した。中3日の連戦だが、試合を支配したメンバーでの成熟と課題の絞り出しを図る。札幌戦に出場した阿部勇樹はベンチ外に。一方、柏レイソルは中川寛斗がスタメン復帰している。

 鹿島アントラーズ対ヴィッセル神戸の一戦は、内田篤人がリーグ3試合連続でスタメンに名を連ねた。レオ・シルバが5試合ぶりに先発に復帰し、出場停止の昌子源のCBのポジションには犬飼智也が入る。

 また、湘南ベルマーレ対ガンバ大阪戦では、菅沼駿哉が新天地でのリーグ戦初スタメン。レヴィー・クルピ監督は若手のみならず、この下部組織出身で様々なチームで経験を積んできた27歳のDFにもチャンスを与えた形だ。どのようなパフォーマンスを見せるのか注目したい。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads