【選手採点│F東×鹿、神×浦、札×湘】激闘3カード。室屋、都倉に最高評価「5」

採点・レポート, Jリーグ

サカノワスタッフ

【神戸×浦和】橋岡&柴戸の新人が躍動感を与える。MOMは武藤。鮮烈ゴールを決めた神戸の佐々木に「4」

[J1 7節] 神戸 2-3 浦和/2018年4月11日/ノエビアスタジアム神戸

□ヴィッセル神戸
【選手採点】
GK
18 キム・スンギュ 2
DF
34 藤谷 壮 3
15 宮 大樹 2
5 チョン・ウヨン 2
22 橋本 和 2(80分▼)
MF
14 藤田直之 3
10 ルースカ・ポドルスキ 2
8 三田敬貴 3
FW
27 郷家友太  2(69分▼)
17 ウェリントン 4
38 佐々木大樹 4(80分▼)

交代出場
MF
8 三田啓貴 3(69分△)
FW
19 渡邊千真 -(80分△)
DF
30 ティーラトン ―(80分△)

【採点理由】ボール支配率で浦和を大きく上回ったものの、ビルドアップやサイドチェンジなどでミスも目立った。ゾーンで対応したCKから2失点するなど戦い方にも課題を残した。大きな可能性を示した新人の佐々木、スタメン起用に応えてゴールを決めたウェリントンに「4」をつけた。次節、ポドルスキが早くも出場停止に。

□浦和レッズ 
URAWA REDS
【選手採点】
GK
1 西川周作 2
DF
6 遠藤航 2
2 マウリシオ 4
31 岩波拓也 3
MF
16 青木拓矢 2(67分▼)
27 橋岡大樹 4
15 長澤和輝 3
38 菊池大介 2(56分 ▼)
10 柏木陽介 4
FW
9武藤雄樹 4 [MOM]
30 興梠慎三 3(88分 ▼)

交代出場
FW
19アンドリュー・ナバウト 3(56分 △)
DF
29 柴戸 海 4(67分△)
FW
20 李 忠成 ― (88分△)

【採点理由】気持ちのこもったプレーを随所で見せて再逆転に成功。先制点を奪い、プレッシングを怠らなかった武藤をMOMに選んだ。ただ槙野を負傷で欠いたとはいえ、最終ラインの守備が不安定なのは気掛かり。アグレッシブに戦った橋岡、柴戸の両ルーキーにも「4」をつけた。豪快なヘッドを決めた岩波だが、マークなどのミスもあり「3」にした。

【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿のような5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視して、評価にも反映しようと思います。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

次ページ【札幌×湘南】都倉に「5」。進藤には2試合連続の最高評価!

Ads

Ads