【大宮】チーム得点ランク2位のマテウスが名古屋に完全移籍

大宮の得点ランク2位マテウスが名古屋へ完全移籍!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

新潟へ期限移籍中のカウエも「完全」に切り替え。

 大宮アルディージャは1月6日、マテウスが名古屋グランパスへ、カウエがアルビレックス新潟へ、いずれも完全移籍することを発表した。

 マテウスは1994年9月11日生まれの24歳。167センチ69キロ。ブラジル出身。 これまでブラジルのクルゼイロEC、ECバイーアなどでプレーして、2014シーズン、大宮アルディージャに加入。15年から出場機会を掴み、昨季はJ2で40試合12ゴールを記録していた。

 マテウスは次のようにコメントしている。

「明けましておめでとうございます。少し長くなりますが、自分を支えてくれたクラブ、ファン・サポーター、クラブ関係者、選手の仲間、大宮アルディージャに関わる全ての皆さまに報告いたします。

 このたび、サッカー選手として新たなチャレンジをしたいという思い、名古屋グランパスに移籍することを決めました。

 神の御加護があり、素晴らしいクラブである大宮アルディージャでプレーするチャンスをもらったことに感謝しています。5シーズンにわたって自分を支えてくれた、大宮アルディージャに関わる全ての方々に感謝しています。

 どんなに辛いときも熱い応援を続けてくれたファン・サポーターの皆さまに、心からお礼を伝えたいと思います。熱いサポートのおかげで、常に全力でプレーすることができました。自分にとって、いつも戦うための大きなモチベーションでした。素晴らしいファン・サポーターの皆さまには感謝しかありません。

 少しでも期待に応えられたことは、自分の成長につながったと思っています。熱い応援は一生、忘れません! 大宮アルディージャでたくさんの人々に出会い、様々なことを学ぶことができました。全ての方々に感謝を伝えたいです。また、クラブの歴史の一部に関われたことを誇りに思います。

 これからはサポーターの一人として、大宮アルディージャを応援し続けます。2019シーズンからは名古屋グランパスの選手になりますが、引き続き応援していただけたら嬉しいです。 大宮アルディージャに関わる全ての方々に心から感謝しています。

 本当にありがとうございました!大宮アルディージャが大好きです!!」

 また、昨季途中から新潟に期限付き移籍していた29歳のブラジル人MFカウエが、完全移籍に切り替えた。昨季新潟で13試合0得点だった(大宮での出場機会なし)。カウエは「日本でプレーする機会を与えてくれた大宮アルディージャに感謝しています。日本の文化や環境が好きになったのは、いつも温かく応援してくれたファン・サポーターの皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。NACK5スタジアム大宮で、またお会いできる日を楽しみにしています」とコメントしている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads