ダミアン、谷口渾身弾!ACL川崎が決勝Tへ最終節に望みつなぐ

上海上港の選手に囲まれる川崎の齋藤学。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

元川崎フッキ2発。自力突破は消え、次節シドニー戦勝利が必須。

[ACL GS5節] 川崎 2-2 上海上港/2019年5月7日/等々力陸上競技場

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグルーステージ(GS)5節、川崎フロンターレが上海上港と2-2で引き分けて勝点1を獲得し、最終節のシドニーFC戦(アウェー)に決勝トーナメント進出の望みをつないだ。グルーステージ突破のためには、次節、川崎は勝点3の獲得がノルマ。そのうえで2位の上海上港が引き分け以下であることが条件。

 開始6分、齋藤学の敵陣でのミスからボールを失うと元川崎のフッキに持ち込まれ、上海上港に先制点を与えてしまう。それでも、13分、ゴール前での齋藤との巧みなパス交換からレアンドロ・ダミアンが技ありのシュートを突き刺して同点に追いつく。

 さらにホームチームは66分、コーナーキックの流れから守田英正のクロスを谷口彰悟が渾身のジャンプヘッドで叩き込み、逆転に成功する。しかし70分、オスカルのパスを再びフッキがヘディングでねじ込まれ、2-2の同点に。その後、川崎が攻め立てたものの、再び勝ち越すことはできなかった。

 1位の蔚山現代はグループ突破が決定。2位は上海上港で1勝3分1敗(8得点・8失点)、3位は川崎で1勝2分2敗(5得点・6アシスト)。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads