【U-20W杯】「世界の舞台にとっておく」山田康太が有言実行の同点弾!南米王者エクアドルと価値あるドロー

山田康太 (C)AFC

絶体絶命…GK若原智哉のPKストップで流れを引き寄せる。

[ポーランドU-20W杯 GS1節] 日本 1-1 エクアドル/2019年5月23日/ビドゴシチ

 ポーランドU-20ワールドカップ(W杯)が現地5月23日に開幕。U-20日本代表はグループステージ初戦、U-20エクアドル代表に先制点を許しながらも、GK若原智哉のPKストップで流れを引き寄せると、山田康太の渾身のゴールで追いつき、1-1で引き分けた。

 試合開始から南米王者のエクアドルの強烈な個に圧倒され、日本は劣勢を強いられる。すると前半終了間際の45分、相手の直接FKをGK若原がパンチングしたものの、田川亨介の顔面に当たってゴールネットを揺らすオウンゴールで、先制点を与えてしまう。

 さらに51分にはペナルティエリア内のハンドでPKを与えてしまう。決められれば2点差……。しかしこの絶体絶命のピンチで、若原が相手の10番ヨルダン・レザバラのキックを左に飛んで完璧にセーブ! 

 このビッグプレーで、流れが一変した。

 徐々に運動量が落ちるエクアドルに対し、日本は丁寧に長短のパスとキックをつないで翻弄。後半開始から宮代大聖、66分から西川潤を投入して攻撃にアクセントをつける。

 迎えた68分、西川の突破からのボールがゴール前の混戦となり、宮代がGKと交錯してこぼれたボールを、山田が地面に叩きつけるシュートでねじ込み、日本が1-1の同点に追いついた。

 さらに試合終了間際には中村敬斗を投入して勝ち越しを狙いに行ったが……。粘るエクアドルを崩しきれず。後半途中からの猛スパートが効いた日本が価値ある勝点1を掴んだ。

 山田はこのチームでは「勝つためのプレーにこだわる」と語り、日本からの出発前には「スピードやフィジカルなど相手の特長をしっかり把握して臨みたい。日本の良さを90分間のなかでどれだけ表現できるか。(ゴールは?)世界の舞台にとっておきます。前に出たら、積極的に打っていきたい」と語っていた。

 チームへの献身性が売りである山田が決めた幸運な一撃。いや、それは実力の証でもある。まさに全員の気持ちのこもったゴールを決めて、意義ある勝点1をもたらした。

 次戦は日本時間の5月26日午後10時20分からU-20メキシコ代表と対戦する。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads