広島が浦和に快勝!森島司爆発、日本代表初選出のGK大迫敬介も完封

浦和に4発!! 広島の森島司が爆発!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

長谷部誠が観戦するなか、浦和は決定機1度のみ…。

[J1 13節] 浦和 0-4 広島/2019年5月26日/埼玉スタジアム2〇〇2

 リーグ連敗中同士の対戦は、アウェーの広島が4-0の快勝を収めて、5連敗でストップした。浦和はACLでは決勝トーナメント進出を決めたが、リーグ戦はこれで4連敗。

 立ち上がりは積極的に仕掛けた浦和が、山中亮輔のクロスに武藤雄樹がニアサイドで合わせてポストを叩く惜しいシュートを放つ。

 しかし、そこからは広島ペースに。浦和の背後にできたスペースを巧みに突き、6分、左サイドを完全に攻略、ポストに当たったボールを森島司が押し込み先制に成功した。さらに25分、森島のコーナーキックをドウグラス・ヴィエイラが合わせてリードを2点に広げる。

 浦和は後半、宇賀神友弥、ファブリシオ、汰木康也を次々に投入するものの、むしろバランスはさらに悪くなる始末。広島のカウンターにことごとくハマり、63分にハイネル、80分に渡大生が加点。終わってみれば、4-0と試合内容もスコアも大差がつく一方的な展開に終わった。

 広島は全員が役割をまっとう。攻撃をけん引した柏好文、1得点1アシストの森島、後半の2得点をもたらした川辺駿、日本代表に初選出されたGK大迫敬介らの活躍が光った。

 浦和のOBである長谷部誠とウーベ・バインが観戦するなか、浦和は今季最低とも言える試合を見せてしまった……。

広島のドウグラス・ヴィエイラも決めた!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads