【U-22代表】チリ相手に川崎内定組が爆発!!三笘先制、旗手2ゴール!

U-22日本代表でプレーする順天堂大の旗手怜央。来季の川崎入りが内定している。(C)SAKANOWA

東京五輪世代がトゥーロン国際で2連勝を目指す。

[トゥーロン国際] 日本- チリ/2019年6月4日/トゥーロン(フランス)

 東京五輪世代にあたるU-22日本代表が各国からの有望株が集う国際親善トーナメントのトゥーロン国際のグループステージ2節、U-22チリ代表と対戦。三笘薫(筑波大)が先制点を決め、さらに旗手怜央(順天堂大)が2ゴールを追加して、優位に試合を進めている。

 日本は初戦のイングランド戦(〇2-1)からスタメン8人を変更。来季の川崎フロンターレ入りが内定している旗手を頂点とする3-4-2-1の布陣でスタートすると、立ち上がりから攻め込む。迎えた開始7分、左ウイングの三笘が決めて先制に成功。さらに12分、旗手が決めてリードを広げている。これで勢いに乗った旗手は18分にもゴールを決めてみせた。

 日本のスターティングメンバーは次の通り。

ポジション
背番号 名前(所属先)
GK
12 山口瑠伊(エストレマドゥーラ)
DF
3 椎橋慧也(仙台)
15 岡崎 慎(FC東京)
5 大南拓磨(磐田)
MF
22 田中駿汰(大阪体育大)
17 高 宇洋(G大阪)
14 相馬勇紀(名古屋)
16 川井 歩(山口)
8 三笘 薫(筑波大)
13 岩崎悠人(札幌)
FW
11 旗手怜央(順天堂大)

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads