【浦和】左利きのドリブラー中央大MF大久保智明の来季加入が内定「全力で走って仕掛ける」

仙台戦で勝利を収め”勝利の凱歌”を歌う浦和レッズの選手たち。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

現在大学3年生の20歳。

 浦和レッズは7月9日、中央大学3年生のMF大久保智明(おおくぼ・ともあき)の2021シーズン加入内定を発表した。東京ヴェルディユースを経て中央大で力強さを増した高速ドリブルを武器とするレフティだ。

 大久保は1998年7月23日生まれ、現在20歳。東京都板橋区出身。170センチ62キロ。これまでのキャリアは、ビートルイレブン―東京ヴェルディジュニア―東京ヴェルディジュニアユース―東京ヴェルディユース―中央大学。 スピードのあるドリブルとテクニック、左足から繰り出す多彩なキックが武器だ。

 大久保は次のようにコメントしている。

 「ファン・サポーターのみなさま、はじめまして。浦和レッズに加入することが決まりました中央大学3年の大久保智明です。

 浦和レッズという日本を代表するクラブでプロのキャリアをスタートできることを嬉しく思いますし、誇りに思います。このクラブに加入できたことは、家族を始め、指導していただいた監督、コーチまたチームメイト、友人などさまざまな人たちのおかげです。

 感謝の気持ちを持って浦和レッズの勝利のために全力で走って仕掛けて戦っていきたいと思います。

 応援よろしくお願いします」

関連記事:「仙台クソッタレ」コールに浦和の大槻監督が”ノーノーノー”とゼスチャー

 [文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads