G大阪DF米倉恒貴が千葉に期限付き移籍で復帰「サッカー人生を懸けてジェフの昇格に貢献する」

米倉恒貴。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

2013年以来5年半ぶり。今シーズン末まで、背番号は「50」。

 ガンバ大阪の米倉恒貴が7月29日、ジェフユナイテッド市原・千葉に期限付き移籍することが決まった。同日、両クラブが発表した。契約により両チームの全ての公式戦での対戦で出場できない。移籍期間は2020年1月31日まで。背番号は「50」。2013年以来、5年半ぶりの復帰となる。

 米倉恒貴(よねくら・こうき)は1988年5月17日生まれ、31歳。176センチ、68キロ。DF。千葉県千葉市出身。これまでのキャリアは、 2004年から2006年まで八千代高校、2007 から2013年まで千葉(07年はジェフリザーブス)、2014年からこれまでG大阪でプレーしてきた。Jリーグ通算257試合25得点。今季はJ1リーグ8試合0得点。 

 米倉は千葉広報部を通じて、「この度、ジェフに復帰することになり本当に嬉しく思います。このチャンスをくださった皆さまに感謝し、自分のサッカー人生を懸けてジェフの昇格に貢献したいと思います」とコメントしている。

 一方、G大阪のサポーターには次のように呼び掛けている。

「移籍してきて、この 5 年半で本当にガンバのことが好きになったし、最高の仲間たちに恵まれて、中身の濃い充実した日々を過ごすことが出来ました。

 正直、このタイミングで行くのは寂しいし、悔しい思いもありますけれど、これからもガンバがまた常勝軍団に戻れるのを願っているし、またいつかこのスタジアムでガンバと対戦できたらいいなと思います。

 苦しい時でもずっと応援してくれたサポーターのみんなには本当に感謝していますし、本当に力になったし、優勝したときの一体感は一生忘れません。これからもガンバを支えてください」

関連記事:GK挑戦わずか2年で千葉加入。相澤がFWからの転向を告げられた時の「本心」

Title:GAMBA OSAKA Koki YONEKURA transfers to JEF UNITED ICHIHARA CHIBA.

Ads

Ads