【U-23日本代表】東京五輪へ不安。酷い内容…2試合でグループステージ敗退が決まる

森島司。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

シリアに相馬勇紀のゴールで一旦追い付いたものの、1-2で敗れる。

[タイU-23アジア選手権 GS2節] 日本 1-2 シリア /2020年1月12日/タマサート・スタジアム

 タイU-23アジア選手権のグループステージ( GS )2節、東京オリンピックチームにあたるU-23日本代表がU-23シリア代表に1-2で敗れ、サウジアラビア戦に続く2連敗で早々にグループステージ敗退が決まった。

 今大会はホスト国の日本を除く上位3チームが東京五輪の出場権を得られる。日本はサウジアラビア、カタール、シリアと中東勢と同グループに。日本は3日前の初戦サウジアラビアに1-2で敗れていた。

 サウジアラビア戦から先発6人を変更した日本は、開始早々、ゴール前でヘディングにて競り合った相手に対し、先発に抜擢された町田浩樹の振り上げた足が相手の頭部を蹴る形に……。主審はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)と交信し、VARから勧められオンフィールドレビュー(OFR:映像の確認)を行う。

 微妙ではあるものの、確かに明らかなファウルと言えて、町田のファウル(イエローカード)でPKが与えられる。そして9分、シリアに決められてしまう。

 そこからは、ゴール前を固めるシリアに対し、日本がボールポゼッション率で上回り押し込む形に。すると30分、相馬がカットインから一度止められたものの、再び強烈なシュートでねじ込み1-1と同点にする。

 前半は1-1で折り返し、後半に突入。日本は田川亨介、負傷した渡辺剛から立田悠悟、旗手怜央と投入して1点を奪いにいく。ところが87分にカウンターから再び決められてしまい、これが決勝点に。日本は1-2で敗れ、グループステージ2敗、勝点0のまま大会から去ることが決まった。

 これまでに見えてきた課題を克服することなく、「自由」にプレーさせていることで機能しなくなっている。果たして、これが指揮官の意図する戦い方なのか。森保一監督の意図がいまだに見えないのも気がかりだ。

 中2日でU-23カタール代表と対戦する。

 日本代表のメンバーは次の通り。

ポジション 
背番号
名前
所属チーム

▽先発
GK 
12
大迫敬介
サンフレッチェ広島

DF

渡辺 剛
FC東京
(77分→ 2 立田悠悟/清水エスパルス)

15
岡崎 慎
清水エスパルス

17
町田浩樹
鹿島アントラーズ *

MF
22
橋岡大樹
浦和レッズ

16
相馬 勇紀  
名古屋グランパス 


齊藤未月
湘南ベルマーレ

21
松本泰志
サンフレッチェ広島

10
食野亮太郎
ハート・オブ・ミドロシアンFC(SCO) *
(67分 → 18 田川亨介/FC東京)

14
森島 司
サンフレッチェ広島
(86分 → 19旗手怜央/川崎フロンターレ)

FW
13
上田綺世
鹿島アントラーズ

▽控え
GK 

小島亨介  
アルビレックス新潟

23 
谷 晃生
湘南ベルマーレ 

DF
20 
古賀太陽
柏レイソル

MF

田中駿汰  
北海道コンサドーレ札幌


田中 碧
川崎フロンターレ


杉岡大暉
鹿島アントラーズ

11
遠藤渓太
横浜F・マリノス


菅 大輝
北海道コンサドーレ札幌

FW

小川航基
ジュビロ磐田 

*町田は1月5日(日)に合流。
*食野はグループステージ3試合に参加予定。

◆U-23日本代表の結果と日程◆

◇グループステージ◇
1月9日(木) 日本(●1-2)サウジアラビア
1月12日(日)日本(●1-2)シリア
1月15日(水)日本×カタール

関連記事:バルセロナのバルベルデ監督解任か、後任最有力シャビとの交渉をアル・サッド認める。安部裕葵はピンチ?チャンス?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads