×
×

【FC東京】GK林彰洋は右ヒザ前十字靭帯損傷と外側半月板損傷で全治約6から8か月

FC東京の林彰洋。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

Jリーグの特例措置で志村滉をジュビロ磐田からレンタルで獲得。

 J1リーグのFC東京は12月13日、11月14日のトレーニング中に負傷したGK林彰洋について、 12月1日に都内の病院にて手術を行い、右ヒザ前十字靭帯損傷(みぎひざぜんじゅうじじんたいそんしょう)と 外側半月板損傷(がいそくはんげつばんそんしょう) で、全治約6から8か月と診断されたと発表した。

 林は1987年5月7日、東京都出身、33歳。195センチ・91キロ。元日本代表。今シーズンはJ1リーグ23試合に出場していた。

 林は自身のSNSのツイッター( アカウントは @hayashi_akihir0)で手術を経てのリハビリの様子、チームへのエールなどを伝えている。

 また、FC東京はJリーグの特例措置を受けて、志村滉をジュビロ磐田からレンタル移籍で獲得している。期間は2021年1月31日まで。

注目記事:【清水】吉本一謙が引退会見「エスパルスで絶対ACLに出たかった」。14年のプロ生活、最も印象に残るFC東京での“あの失点”

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads