【浦和レッズ】轡田哲朗×塚越始対談「大槻組長2020→リカ将2021 総括&展望」とても重要だった1年の先へ――「一貫して思っているのは、このクラブは実績ある選手の人数が多すぎるということ」「『3か年計画』は一つのメタファーであり」

浦和レッズのサポーター。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

リカルド・ロドリゲス監督の就任。2021シーズン、また新たな時代を迎える前に――。

 浦和レッズを丹念に取材してきたフリーランスの轡田哲朗氏とサカノワ編集長の塚越始氏による、浦和レッズの2020シーズン総括&2021シーズン展望を対談形式で行った。

 クラブ初のスペイン人指揮官となるリカルド・ロドリゲス監督の就任により、浦和は2021シーズン、また新たな時代を迎える。一方、スクラップ&ビルドを繰り返してきた歴史のなかでも、「2020年」は浦和にとって、非常に重要な1年だったと言える。

 それぞれの視点で長年に渡り浦和の選手の一挙手一投足を追ってきた二人で、2020シーズンを徹底検証する。

 ちなみに――二人の関係はさかのぼること7年前。塚越氏は2010年からサッカー専門誌の浦和担当をし、轡田氏が浦和のクラブオフィシャルライターという関係に。原稿を依頼する機会も数多くあった(発行されなかったほぼ完成していた幻の優勝増刊は4冊を数える)。

 互いにフリーになったあとも、ACL(AFCアジアチャンピオンズリーグ)の韓国でのアウェーゲームにともに行くことも。近年は、轡田氏が浦和を全試合チェックし(浦和レッズレディースを含め)、キャンプや練習取材も精力的にこなしている。一方、塚越氏は浦和を軸にJ2、J3、さらにドイツなど海外まで取材し、検証や比較など落とし込んできた。

 そのあたりの異なる視点からも、議論は深まっていった。

◆――◆――◆

 今回初めて有料コンテンツ(note)として配信させていただきました。その意図や狙いも触れています。この先の展開はまだ分かりませんが、読者の皆様と一緒に考え、いろいろな面白さを提供していける形で展開していければと思います。

 ご意見、ご感想、ご指摘など、ぜひお待ちしています!

▼5レーンの意識付け。レオナルド、汰木康也、マルティノス…「そこが塚越さんの言う『個』に頼っている部分でしょうね」

Ads

Ads