×

浦和残留? 名古屋移籍!?ユンカーが意味深な「ラーメン」投稿

浦和のキャスパー・ユンカー。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「早く日本に帰って、おいしいラーメンを食べたいです!」

 J1リーグ浦和レッズに所属するFWキャスパー・ユンカー(Kasper Junker)が12月31日、ちょうど日本時間で2023年の新年を迎えるタイミングに自身のツイッター(@KasperJunker)を更新した。

 28歳のデンマーク人ストライカーは「皆さん良いお年を 早く日本に帰って、おいしいラーメンを食べたいです! 」と、絵文字とともに伝えている。

 両チームのサポーターは、ユンカーが日本に“来る”ことを伝えているのだと察し、様々な反応を寄せている。

『トランスファーマルクト』によると、ユンカーは浦和と2024シーズンまで複数年契約を結んでいる。そうしたなかこのオフ、MLS(メジャーリーグサッカー)のポートランド・ティンバーズ、さらに名古屋グランパスへの移籍の噂が浮上した。

 デンマークメディア『BT』は12月28日に独自の情報として、「ユンカーはアメリカではなく、新たなクラブとほぼ合意した」とレポート。名古屋行きについて、「個人的な条件も整ってきている。ユンカーは日本で冒険を続けたいと考え、このオファーは非常に魅力的だと受け止めている」「名古屋グランパスへの移籍が実現しないのは、よほどのことがない限りありえない」と、移籍が近づいているようだと伝えた。

 ユンカーは2022シーズン、リーグ21試合・7得点、公式戦通算30試合・11得点を記録。ケガに苦しんだなか、ACL準決勝・全北現代戦では延長120分アディショナルタイムに衝撃の同点ゴールを決め、さらにPK戦のキックも成功させて、チームを決勝へと導いた。

 少し気になる意味深な投稿に。どうやら、アメリカ行きはなくなったと捉えていいようだが……。浦和の2023シーズンは間もなくスタートを迎える。それまでに何からの発表はあるのか!? 

【ユンカーの関連記事】
【浦和】ユンカーにMLSポートランドからオファー「レンタル+オプション」

「浦和にいてめちゃくちゃ幸せ」ユンカーが『神戸移籍騒動』について母国メディアに明かす

【浦和】ユンカー残留宣言「来シーズンはもっと強くなって戻ってきます」

Ads

Ads