×

C大阪入り内定の大迫塁「全国優勝まであと2試合、違いと価値を示したい」。神村学園、王者の青森山田に2-1逆転勝利│高校サッカー選手権

大迫塁。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

西丸の同点ゴールの起点に。「優勝するために来ている。必ず国立に立つ気持ちで、気負わずにできた」

[全国高校サッカー選手権 準々決勝] 神村学園 2-1 青森山田 /2023年1月4日14:10/等々力陸上競技場

 全国高校サッカー選手権の準々決勝、神村学園(鹿児島)がMF西丸道人とFW福田師王のゴールで、前回優勝の青森山田(青森)に2-1の逆転勝利を収め、16年ぶり二度目のベスト4進出を果たした。

 卒業後にセレッソ大阪入りが内定している大迫塁は先制点の西丸のゴールの起点となるなど活躍。4-4-2のセンターハーフ(ボランチ)として存在感を示し、フル出場で勝利に貢献した。

「(先制されたが?)粘り強い相手でマークもキツかったですが、後半必ず逆転できると思っていたので、そんなに慌てることなくプレーできました。勝ったら国立、負けたら終わり。ただ僕らは優勝するために来ています。必ず国立に立つ気持ちで、気負わずやっていました」

 そのように大迫は語り、前半からゴールチャンスは作れていただけに焦らず、自分たちのペースで青森山田ゴールを目指したという。

 1月7日(12時5分キックオフ)の準決勝は岡山学芸館との一戦に。神村学園の14番は「もう少しクオリティを上げて、100パーセントのプレーを見せたいです。そこはちょっと悔しいです。100パーセントの状態で国立のピッチに立てるように、2日間あるので、しっかり準備したいです」と頷いた。

 卒業後は、C大阪入りが内定している。そのプロへ進む立場での決意を問われると、大迫は次のように力強く語った。

「優勝しないといけないと思っているし、そのなかで違いを随所で出していかないと、プロで1年目から試合に出ていけないと思います。この残り全国大会2試合、大迫塁という選手の価値をしっかり見せたいです」

【高校サッカーの関連記事】
「ハットトリックしたい」ボルシアMG入り福田師王が決勝ゴール。神村学園、青森山田に逆転勝利でベスト4進出│高校サッカー選手権

強気5トップ! 岡山学芸館が佐野日大に4-0快勝│高校サッカー選手権

【町田ゼルビア 新加入15人一覧】W杯豪州代表デューク、元横浜FMエリキ獲得。J1昇格へ補強着々

Ads

Ads